特厚に手を出してしまい「ヤサカ 翔龍 特厚」

卓球用品

バック面とフォア面の感覚の違いに苦戦していた事もあり、とうとう特厚に手を出してしまいました。

貼ってあったマントラSさん、ご苦労様でした。

ペリペリ

テキトーなのり付けがバレてしまいますね( ^ω^)・・・

マントラSさんは結構綺麗に接着剤が取れました。

あんまりバックで打ってないからかしら( ^ω^)・・・

4か月間お疲れ様でした。南無南無

尚、接着剤を剥がしたマントラSの重量は45g(カット後)で事前の差分データと一致。

 

さて取り出しましたのはヤサカ 翔龍 特厚

RISING DRAGON MAX という文字が。

粘着ラバーらしく、新品は表面に透明フィルムが貼ってあります。

透明フィルムを剥がすとハサミで切りにくくなりますので、剥がさずカット前の重量を測定すると77gでした。

スポンジの形状は、、、

翔龍 特厚 赤
翔龍 厚 黒

色の違いと断面の粗さであまりよく判らづ

気泡は大体同じ大きさと配置っぽい気がしますが、気泡ではない部分の密度が赤い方が詰まっているかもしれない。

 

まぁサクサクと貼り付けまして。

接着剤がちょっとムニュってますがキニシナイ。

貼り付け後の全体重量は181g

貼り付け前後から差し引くと、カット後の翔龍 特厚(赤)のカット後重量は51gとなりました。

 

これにサイドバランサーを0.5g x2個、サイドテープを装着するので、総重量は大体182g~183gくらいかな。

マントラSの時に比べると6g~7gの増量です。

確かに重みは増した気がしますが、程よい重さになったかもしれまい。

 

厚さをアップさせると、大体5~7gくらいの増量という感じでしょうか。

特厚は接着剤を厚塗りすると、簡単に4mmを越えそうですのでお気をつけください。

ノギスで計ってみると、およそ3.95mmくらいで本当にギリッギリでした。

 

さて打球感等の違いレビューはまた後日( ^ω^)・・・