強烈な横回転サーブを上書きドライブする練習の記録

日記, 練習

今回は、強烈な横回転サーブを、横回転の上、下に関わらずドライブで上書きするというチャレンジャーな練習をお師匠様にお願いして行って参りました。

 

あくまでドライブで上書きして返す事にこだわる理由としましては、先日の横回転の返し方の記事にある様な、回転に逆らう当て打ちでは左右の回転には対応できるものの、、

横上と横下を巧妙に隠して繰り出されるサーブに対応するには、少々博打なところがあって釈然としないのです。

 

また、この逆回転の当て打ちは、横回転が切れていれば切れているほど反発力で速い球が返るには返るのですが、、

速いだけでわりと棒球ですので、簡単にブロックされたり逆に打ち込まれたりしてしまう訳で。

 

目標とするところは

思いっきり横回転のかかった切れたサーブをドライブで上書きし、攻撃的に返球する

横上回転でも横下回転でも、同じ打ち方で返球する

という2点。

横上にも横下にも対応できる様に、ボールの天辺近くを擦り打つ方法を試してきました。

 

さて、お師匠様はお優しい方ですので、とても打ちやすい、緩めの横回転サーブを頂きまして。

しかしこの位の横回転サーブでは、案の定普通のドライブで返せてしまいます。

これでは主旨に合いませんので、今度はお師匠様に全力で横回転を出して頂きました。

 

どの位かといいますと、ラケットを立てて受けると

ほぼ真横にすっ飛び、隣の台を越えていく位のやつ

です。

はい。(´・ω・`)

 

取れませんねん( ^ω^)・・・

 

実際に強い横回転を受けてみると、少々愕然としますね・・・

下回転が少し入っていればループドライブ位のスイングでわりと返せはしましたが、横上、若しくは完全な横ともなると、どうしてもオーバーしてしまうか、横回転の影響で台から外れてしまいます。

かといって被せ過ぎても下を混ぜられると落としてしまう。

これはイカンと思いまして、擦る厚さを変えてみたり、擦る位置を変えてみたりで試行錯誤を繰り返し。

 

最後にはもうMAXパワーの最大速度で振って見ましたら、何とか上書きする事に成功。

それはもう、一発で仕留める位の心意気で振りぬかないと、お師匠様の横回転に勝利する事が出来ませんでした。

 

強烈な横回転を上書きするのって、本当に難しい。

横回転サーブを出される度にこんな全力のスイングをしていては、アラフォーの身体は保たないのであります。(´・ω・`)

 

スイングスピードを上げるトレーニングをするべきか、それとも他にコツがあるのか。

もっとラクになる方法は無いものか( ^ω^)・・・

 

そういえば、なにしろ夢中で上書きドライブしようと躍起になっておりましたので、先日記事にした横回転の返し方を取り入れる事をすっかり忘れておりまして。

今こうして日記を書いていて、ふと思い出した次第です。

 

あくまでドライブで攻撃的に返す事を主眼にしている点を踏まえ、シュートドライブ、カーブドライブなんていう打法もあったなと^^;

 

横回転に逆らいながらドライブをかける

逆らう力が働く為、多少の下が入っていても恐らく少しボールが持ち上がる筈・・・

 

なんて妄想をしながら書いておりますが、果たして想像通りに上手く行くのかしら^^;

技術的な難度の問題としても、カーブドライブは比較的やり易いのですが、シュートドライブはてんでダメ夫な私。

やりたい事、試してみたい事が全然尽きません。

卓球って本当に奥が深いですね^^

 

余談ですが、フォア面に貼ってあるギャンビットよりも、バック面に貼ってあるフレクストラの方が擦る回転量は上の様です。

強烈な横を擦って上書きドライブする際、フレクストラの方が若干スイングスピードを落としても回転に打ち勝ってくれました。

どういう原理なのかイマイチ定かではありませんが、、、

そして、びっくりする位に飛びませんけど( ^ω^)・・・

 

あぁ、、何故かギャンビットの評価が微妙に下がってゆくます( ^ω^)・・・