内側加重を意識する様に(膝のために)

日記, 練習

先日、学生時代に卓球部に所属していた兄と試合形式で打ってみまして。

 

お互いにアラフォー同士ではありますが、なにしろ兄と弟の対戦ですから、、、

 

えげつなっ

大人げなっ

年甲斐も無くハリキリ過ぎっ

 

と、これは置いておきましょう

兄弟とはそういうものです。いくつになっても。

 

無駄にハッスルしてしまいましたが、
その際にどうやら右ひざを軽く痛めてしまった様で。

それからというもの練習の際に無理をするとすぐ痛みが出て来てしまうのですよね。

心配する程のものでもなく、ほんの僅かな痛みではあるのですが、
長年にわたる運動不足と、なにぶん年齢が年齢ですからね(汁

 

ちょっと運動しただけで膝が痛いなどと、、

いい感じにアラフォーらしさが滲み出ておりますガッ

 

まぁそんなわけで、ちょっと膝負担について考えてみまして。

 

▶さくせん ピッ!

ひざ(膝)をだいじに ピッ!

 

体重の乗せ方が筋肉疲労の少ない外側寄りになっていましたので、
これからは少し内側を使って生活する様改めようかと。

内股気味の人はコレやっちゃダメですからね!
あくまで「衰えたアラフォーのガニ気味マン専用」です

 

先日のマイラケット導入初練習の際にこれを取り入れた所、
膝の痛みは全く出ず、それなりに正解だった様子。

加重に気を遣うため、一歩の幅が多少狭くなってしまいましたが
むしろ左右への動きが若干素早くなった悪寒。

 

お師匠様からは

「チョコマカ動き杉w」

なんて言われる位には機敏になった様です。

 

どの程度かというと「すばやさのたね」を飲んだくらいかな^^;

 

どこかのサイトで見たのですが、小さく速く動く事も卓球には必要だそうですので
フットワークの練習にもなって一石二鳥ですキリッ

 

卓球に限らず、膝は大事ですから皆さんも気を付けて下さいませm(__)m