新しい練習メニュー。「ツッツキ」

卓球技術, 日記, 練習

お師匠様の練習メニューに、「ツッツキ」が追加されました
「ツッツキ」って何だ?? 状態からのスタートです。
内容は、下回転の球出しをしてもらい、これを突っついて返すという技術。

らしい。

 

下回転が掛かっている打球を普通に打つと、
当たった瞬間、ラバーにボールが引っかかり強烈に下に跳ねてしまうという。

 

理屈では理解できるものの、かなり半信半疑。
そんなに回転で落ちるものなの?

例えば強烈な前方向へのベクトルと上回転の上書きで摩擦は打ち消せるんじゃない?

な~んて考えてました。

駄菓子菓子
ネット

ネット!

ネットォォォオオオ

 

お師匠様、貴重な体験に感謝感激でございます。

卓球ってば繊細なんですね~

 

私自身はテニスの経験があり、回転が与える影響についてはある程度想像していたのですが、
これほどまでに回転が重要なのかを実感として持っておりませんでした。

そしてこれを踏まえた上で、「ツッツキ」とは
相手の下回転を下回転を生む打球で打ち消す(上書きする)という事らしいのですね。

 

ええ。難しゅうございます(汁

 

打球は下回転だけとは限りません。

お師匠様もなるべく純粋に下回転を出してくれるのですが、
少し横が混ざっていたりたまにロングサーブを出して来たりで大混乱

 

ちゃんと返った様に見えても、

「回転が甘い!」

「返球が高い!」

なんて激も頂いて。
正面ツッツキは回転不足になったり

フォア側横入れのツッツキは打球が浮いてしまったり

バック側のツッツキは回転も深さも高さも中途半端になってしまったり

回転の強さによっても角度や強さを調節する必要があったり

 

奥が深い!