やってはいけない(やってもあまり……)守備の練習方法

卓球技術, 練習

前回、卓球における守備の重要性について書かせていただきました。

守備を鍛える練習方法の中で、やってはいけない(やってもあまり効果が無かった)練習の失敗例について書かせていただこうと思います。

さて、何とか守備力が上がらないかと思い、当時パッと思いついた方法が、

 

100%の攻撃を受ける練習。

相手にガンガンに打ち込んでもらい、これを受ける練習をした事がありました。

 

しかしこの練習は思っていたよりも成果が上がりませんでした。

何故成果が上がらないか。

これはですね、、

 

100%の攻撃ボールは、まず取れない

取れても適切に返す事ができない

一瞬の中で判断し行動する必要があり、頭の中や身体にほんの僅かしか残らない。

 

つまり、ほとんど経験にならないのです。

今の私程度のレベルでは、「100%の攻撃のボールはこういうボールなのかぁ~」程度の収穫でしかありませんでした^^;

ボールを飛ばしてしまったりで球拾いの時間も増えますしおすし( ^ω^)・・・

貴重な練習ではありましたが、私の様な経験の足りない者にとっては、思っていたほど効果が得られませんでした。

 

いぇ、貴重な経験ではあります。

けっして無駄ではありません。

慣れて来ればその内100%の攻撃ボールを守備できる様になるでしょう。

しかし、到達するまでに膨大な時間がかかる事と思います。

背伸びをし過ぎる練習は、あまり身にならないという失敗例でした。

技術を習得するには正解パターンを多く体験する事が重要ですので、過激な練習はイマイチなのです。

 

これは守備に限らず、どんな技術の練習においても共通の事実かと思います。

この事はすごく大切な事ですので、初心者の方々には覚えておいて頂きたいと思います。

 

では今の私のレベルでは、どんな守備の練習が効果的かについてはまた後日。

( ^ω^)・・・