ゆるい球が倒せない

卓球技術, 練習

訳あってお師匠様は別の方の指導に入られておりまして。

今回は合同練習に参加されている他のおばさま方にお相手頂く事に。

 

駄菓子菓子、、、

 

お師匠様の厳しい打球ばかり打っておりました為か、
ゆるい打球が全然思い通りに返せないのです。

要するにコレです。

 

ただ当てるだけになった浮いた打球を、
自然な上回転でやや低めの打ちやすい軌道に直して返球する。

たったこれだけの事が全然思い通りに行かないのです・・・

 

コースと軌道を整えようと集中すれば、
球速が速くなり相手が受けれない打球になってしまい、

では球速を落とそうとすれば、
同じ様な山なりのボールで帰ってしまうしコントロールが安定しない。

ラバーに球が食い込まないので上回転も不十分となってしまう。

 

打球を強く鋭くする事よりも、
打球をゆるくする事の方が何倍も難しいなんてΣ

その上ショートでとなると難し過ぎて変な汗が出てしまう。

 

これを攻略しない事には皆さまとの練習に合わせる事が出来ない訳で。

前記事では「ラリーを止める勇気」なんて書いちゃってますけど
これもなかなか難しい

卓球の新たな難しさに直面です(´・ω・`)