普段と違う方との練習、打球の違い

日記, 練習

昨日は一週間ぶりの卓球練習日でございました。

 

相変わらず合同練習の片隅で場所をお借りしての練習ですが、
今回は上手なおばさまがフォア打ちの練習に付き合って下さいました。

 

ほぼ今までお師匠様としか打っておらず、
きっと打球も荒れて大変ご迷惑をおかけする事が予想され。

だいぶ裸足で逃げ出したい気分でしたが

 

「ホレホレ、早く台に着きなさいっ」

 

なんて半ば強引にラリーがスタートしてしまいまして。

 

 

はやっΣ

 

普段のお師匠様とは明らかに勝手が違います。

打球点とタイミング、打球の回転、打球の重さ、打球の種類と軌跡、

どれ一つとして似たものは無く、

ネット、アウトの連発で大変ご迷惑をお掛け致しました。

 

卓球は個性が出るものなのですね~

 

お師匠様は、打球が重く回転が鋭いタイプ。

返球はしっかり回転をかけないとちゃんと返らないのですが、
回転が掛かっている分ほんの僅かにですが考える時間があります。

 

しかしおばさまは、バウンドから早いタイミングで返して来られる傾向にあり、
ぼ~っと自分の打球を眺めている余裕など無い、とても速いペース。

また、速めの球速にはその分早いタイミングで帰って来るという、
展開の速いスピーディなスタイルでアタフタしっぱなしでございました。

 

その後お師匠様とも打たせて頂いた際には、
おばさまと全然違う球質であるのに、若干打球への対応、トレース能力が増した感じが。

打球への集中力が上がったのか、色々な打球を見て経験値が蓄積されたのか。

 

ご迷惑をお掛けしてはイケナイ!

なんて事ばかり必死で考えておりましたので、
一次的に一球一球への集中力が増していたのかもしれません。

 

今回の練習は、とても良い刺激になりました。

もっと練習をして、またお手合わせ頂きたく思います。

ありがとうございましたm(_ _)m

 

やはり卓球は面白い。

練習の度に卓球の面白さに溺れて行く感じがイイですね^^